「投資で財産を築く人、失う人」の決定的差 – ゴールド投資

5月 5, 2021
Category: お知らせ

投資対象としてゴールド(金)を保有している人はあまり多くないだろう。しかし、「ゴールドが近い将来最も有力な投資先の1つになる」と提唱するのは、YouTube再生回数1億回を超える人気投資家の高橋ダン氏だ。著書『ゴールド投資──リスクを冒さずお金持ちになれる方法』では、ゴールドに投資する根拠から投資の実践方法まで余すことなく語った。本稿では、特別に本書から一部を抜粋・編集して紹介する。

ゴールド投資

Photo: Adobe Stock

最も大切なことは「長期保有するためのリスク管理」

 リバランスで重要なのは、分散投資の効果が薄れないように当初の設定に戻すことです。

 そのためにも、各商品をどれくらいの割合で持つかはきちんと把握しておく必要がありますし、何よりも大事なのは、その比率をきちんと守ることです。

長期積立投資のポートフォリオ

 いくらゴールドを買いたいタイミングでも、将来的に上がると信じていても、「コモディティ20~40%」と決めたのなら、上限は40%です。

 ゴールドが値上がりして、ポートフォリオの40%を超えたら、それ以上増えないようにします。

 株や債券などについても、「株40~60%」「債券・現金10~30%」と決めたのなら、最低でも株40%、債券・現金は10%持ちます。

 秩序を守ってこの配分を維持することが大事なのです。

 私自身、各商品の比率は厳守しています。

「好き、嫌い」「買いたい、買いたくない」といった感情や、「上がるだろう、下がるだろう」といった予想より、長期で保有していくためのリスク管理が重要だからです。

ポートフォリオのリバランス

(本原稿は『ゴールド投資──リスクを冒さずお金持ちになれる方法』からの抜粋・編集したものです)

オリジナルサイトはこちら