「親は年収1000万円を超えていた。比較して悔しくなる」世帯年収600〜800万円のリアル

3月 17, 2021
Category: お知らせ
「私立に通う2人の子どもの学費で、生活はカツカツ」

「私立に通う2人の子どもの学費で、生活はカツカツ」

所得が増えれば、それだけ自由にできるお金も増える。そう考える方も多くいるのではないだろうか。所得が増えることで家族や自身に使えるお金が増えたり、子どもの教育にまわすお金が増えたりするのは事実だろう。

日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省調べ)となっているが、その平均よりも上の世帯年収600〜800万円の家庭はどのような生活をしているのだろうか。フリーランスの60代女性(大阪府/世帯年収600万円)は、

「出費が多く、子どもが独立しても貯金できません。収入も年々減少している状況です」

と告白する。今回は世帯年収600〜800万円のリアルな声を紹介する。(文:中島雄太)

「私立に通う2人の子どもの学費で、生活はカツカツ」

オリジナルサイトはこちら