【ネットメディア運営】イードの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

3月 11, 2021
Category: お知らせ

あの会社の社員の平均年収はいくら?

あの会社の社員の平均年収はいくら?

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は「RBB TODAY」「レスポンス」「リセマム」など59個のウェブメディアおよびコンテンツを運営するイード(東証マザーズ)を取り上げます。

イード社員の平均年収は569万円

最新データ(2020年6月期)によると、イード社員の平均年間給与は569.5万円。ここ数期は右肩上がりに伸びており、4期前と比べて約88万円も増えています。

  • 2016年6月期:508.8万円
  • 2017年6月期:525.1万円
  • 2018年6月期:546.8万円
  • 2019年6月期:568.6万円
  • 2020年6月期:569.5万円

この額には基準外賃金(手当等)および賞与が含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」に投稿された口コミによると、20代後半の女性契約社員の年収は300万円。2016年の口コミで「自分の出した赤字を部下の責任にする事業部長がいる」と告発されています。

イードは2017年6月期、買収した「絵本ナビ」ののれんなどを減損損失として計上し、4.4億円の最終赤字に陥りました。

しかしその後の回復は順調で、2020年6月期には売上高52.7億円、営業利益3.2億円、最終利益1億円に。2021年6月期上期は、売上高が前年同期比10.5%増、営業利益が同34.5%増、最終四半期利益が同162.6%増と好調です。

イード社員の平均年齢は38歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

イード社員の平均年齢は38.8歳。ざっくり言うと、30代後半で500万円台後半をもらっている人が多いということでしょうか。

  • 2016年6月期:131人(35.9歳・6.3年)
  • 2017年6月期:119人(36.9歳・7.09年)
  • 2018年6月期:123人(38.0歳・7.97年)
  • 2019年6月期:125人(38.5歳・8.34年)
  • 2020年6月期:127人(38.8歳・8.96年)

最終赤字に落ち込んだ2017年6月期には、イード(単体)の従業員数は一時的に減りましたが、その後は少しずつ回復。グループ全体(連結)でも2016年6月期の185人から2020年6月期の203人へ増えています。

イードの報告セグメントは、「コンテンツマーケティングプラットフォーム(CMP)事業」と「コンテンツマーケティングソリューション(CMS)事業」の2つ。主力はCMP事業で、2021年6月期上期の売上高に占める割合は88.0%、同営業利益の割合は89.5%でした。

未経験者可の編集アルバイト募集

イードの主力であるCMP事業では、ITや自動車など21ジャンル、59個のウェブメディアおよびコンテンツと、雑誌5誌(2020年6月末)を運営しており、アフィリエイトを含む広告収入やデータ・コンテンツ料金などを得ています。

CMS事業は、市場調査などを行う「リサーチソリューション」と、自社ECシステムのASPを提供する「ECソリューション」の2つを展開しています。

イードの中途採用サイトには「ウェブ広告営業(プロデューサー候補)」の求人が掲載されています。想定年収は300~600万円で、固定残業手当(月50時間相当分)は別途支給。食事補助制度(食事券半額負担)や借上社宅制度(適用条件あり)の福利厚生もあります。

「食品・食材宅配メディア」や「総合自動車ニュースメディア」「メディアの業界誌」の編集/ディレクション業務のアルバイトも募集しており、未経験から編集に携わりたい人には魅力的な職場となるかもしれません。

—–

現在年収600万円以上で、更なる年収アップを希望している方へ。

オリジナルサイトはこちら