コロナで退職を決意した人々「院内感染防止策が全く出来てない」「在宅勤務中も何回も会社に呼び出される」

3月 11, 2021
Category: お知らせ

「毎日自宅勤務はだめ」と言われる

「毎日自宅勤務はだめ」と言われる

新型コロナウイルスによる損害は計り知れない。数多くの企業に経済的ダメージを与え、そこで働く人たちの生活にも多大な影響を及ぼしている。先行きが見えないこの状況下では「できる限り失業は避けたい」と考えるのが一般的だろう。しかし最近では、コロナ禍をきっかけに会社を辞めようとする人も増えてきている。

都内の40代女性(金融関係)は、外資系保険会社から事務を委託されている会社の準社員として働いている。ところが女性は「在宅勤務がないだけでなく、仕事が立て込みすぎている」と嘆き、「退職を考えている」と述べた。この女性のエピソードを引き続き紹介しよう。(文:中島雄太)

「コロナの感染予防対策もしないのに、長時間労働を強要されている」

オリジナルサイトはこちら