ネットフリックス共同創業者マーク・ランドルフが語る、起業家への3つのアドバイス

3月 26, 2021
Category: お知らせ

マーク・ランドルフが1997年、ネットフリックスの事業構想を共同創業者のリード・ヘイスティングスと思いついたとき、誰もが彼のビジョンを信じた訳ではなかった。ランドルフの妻でさえも、ネットフリックスがうまくいくとは思っていなかったのだ。

だが彼女の読みは外れた。ネットフリックスは今や、時価総額2300億ドル(約25兆円)に及ぶ企業だ。

ネットフリックス立ち上げ後の20年で、ランドルフは他に6社のスタートアップを単独または共同で立ち上げてきた。これには、2019年に26億ドル(約2800億円)でグーグルに売却したビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム、ルッカー・データ・サイエンシズ(Looker Data Sciences)も含まれる。

「間違いなく言えるのは、起業もたいていのこととそう違わない、ということだ」と、ランドルフはInsiderの取材に答える。つまり、「やればやるほど、うまくなる」ということだ。

新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、起業件数は急増している。ビジネスのアイデアを実際に形にしたいと考える人が増え、アメリカでの事業申請数は2020年10月までに40%増加した。しかし起業の最大の障壁になり得るのが、どこから着手すればいいのか分からないという点だ。

本稿では、その一歩を踏み出すためのアドバイスをランドルフに聞いた。

オリジナルサイトはこちら