世帯年収600~800万円の生活「私立中高の学費が高い」「車は買わず、無駄遣いはしない」

4月 3, 2021
Category: お知らせ
教育費が重い……

教育費が重い……

日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省調べ)。平均世帯年収を超える世帯年収600~800万円人たちは、自身の生活についてどのように感じているのだろうか。同世帯年収層のキャリコネニュース読者からは、

「衣食住に不自由なく生活できているので満足。ただ、シングルインカムなので月々の貯金が詰めず、将来に不安がある」(東京都/30代前半/男性/既婚子ども1人/メーカー系/正社員/世帯年収750万円)
「子どもの塾代、住宅ローンが大きい」(山口県/60代後半/男性/既婚子ども1人/不動産・建築系/正社員/世帯年収700万円)
「子ども2人。中学受験塾と私立中学校・高校の教育費が高い」(大阪府/40代前半/女性/既婚子ども2人/流通・小売系/パート/世帯年収750万円)
「税金を沢山収めてるのにそれに見合ったパフォーマンスがなく、不平等を感じる」(群馬県/20代後半/女性/既婚子ども1人/その他/正社員/世帯年収700万円)

といった声が寄せられている。平均世帯年収以上の収入でも、教育費や税金を負担に感じる人が多いようだ。(文:コティマム)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

世帯年収800万円の男性「節約しながらも投資をしている」

オリジナルサイトはこちら