五輪「蔑視演出」、ここまで大炎上した本質理由 今こそ必要な「嫌われない力」を磨く秘訣は? | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

3月 20, 2021
Category: お知らせ

今こそ必要な「嫌われない力」を磨く秘訣は?

今こそ、「敵を作らない」「刺されない」力が必要となっています(写真:アフロスポーツ)

日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。

たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。

その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち12万部を突破するベストセラーになっている。

コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「五輪『蔑視演出』が大炎上した本質理由」と 「今こそ必要な『嫌われない力』を磨く秘訣」について解説する。

約1年前のLINEの発言が公開される時代

東京五輪・パラリンピック開閉会式の企画、演出の統括役の電通出身のクリエーター、佐々木宏氏が辞任に追い込まれました。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

タレントの容姿を侮辱するような発言をしていたことが原因ですが、なんとも後味の悪い事案です。

そもそも、この発言は、1年も前に、LINE上で関係者に対して送られたもの。もちろん「女性蔑視だ」「容姿差別」だと非難必至の程度の低い内容ですし、身内とは言えない人が入っているLINEグループで不用意に発言してしまったこと自体は、わきが甘いと言わざるを得ません。

しかし、「規格外」から創造は生まれるとして、広告会社の「ブレスト」のような場では、とにかく常識外れのアイディアを出すことが奨励されてきた側面があるのも事実です。

エンタメ、さらにはビジネスの世界でも、まずは制約を取っ払って、発想し、意見を交わすことで生まれるイノベーションやブレークスルーもあるはずです。

公的な席での発言ではなく、“身内”のLINEでの会話が流出し、こんな形でバッシングを受ける……。正直、怖い時代です。

「自分たちのLINEのメッセージすべてを全世界に公開しても何も問題ない」などと言う人はそうそういないでしょう。

オリジナルサイトはこちら