河野太郎、ワクチン供給遅れにイラついて…「俺の言うことを聞け」に現場は戦々恐々

3月 13, 2021
Category: お知らせ

露骨に冷淡な態度をとり…

いま霞が関と永田町で「河野三言」という言葉が広まっている。「河野」とは、もちろん新型コロナのワクチン担当である河野太郎氏のことだ。

「河野氏の官僚に対する発言や態度をまとめると、三つの『言』に集約されるというものです。特にワクチン政策を担当している厚労、外務の官僚たちの間で話題になっています」(厚労省キャリア)

Photo by gettyimages

その中身とは、「俺の言うことを聞け」「言うことを聞かなければクビだ」「しかし、言うことを聞けば俺が責任をとる」の三つだという。

「河野氏は自分の言うことを聞かない官僚には露骨に冷淡な態度をとり、遠ざけるのです。そしてしきりに官僚に『責任は俺がとる』と言う。

ただ、何かあったときに本当に責任をとってくれるようには思えない。官僚の間では『責任はとらないだろうから、河野三言じゃなくて、河野二言だよな』と言い合っています」(前出・キャリア)

オリジナルサイトはこちら