職場で受けた“性差別”「女は子どもを産む機械。仕事より子どもを作れ」と言われた女性

3月 2, 2021
Category: お知らせ

ひどすぎる……

ひどすぎる……

“ダイバーシティ(多様性)”という言葉をあらゆる場面で耳にするようになった。すでに「男だから」「女だから」と性別によって“あるべき姿”を固める時代ではないのだが、いまだにステレオタイプな人たちは存在する。弟が家事を一切やらないことに不満を募らせていた埼玉県の女子大生(20代/年収100万円未満)は、何気なく大学教授に愚痴をもらしたが、

「弟は男なんだからそんなもの。君は女だから家事を負担するのは仕方ない」

と返され愕然。「『女だから当然。男はやらなくても良い』と役割を押し付けられた気がして。自分が女でなければ、こんな風に言われなかったのでは」と心境を語る。信じがたいことに、このような前時代的な価値観は至るところに散らばっているようだ。(文:大渕ともみ)

上司にセクハラを訴えても「触られないよりはいい。女として見られているってことだから」

オリジナルサイトはこちら