[ITmedia ビジネスオンライン] アパレルで働く人の平均年収は「341万円」、職種別は?

3月 19, 2021
Category: お知らせ


 アパレル・ファッション業界で働く人の平均年収は「341万円」――。昨年よりも4万円増えていることが、ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」の調査で分かった。


コロナ禍、服がなかなか売れないという声も

 平均年収を職種別でみると、最も高いのは「OEM営業」の464万円。「『OEM営業』は、取引先や工場などとのつながりが重視されることから、1社で長く働く傾向がある。しかし、コロナ禍で取引先であるセレクトショップなどが業績不振になったことを背景に、経験年数が長く即戦力となるハイクラス層がD2CやECに携わる企業に転職を考えるケースが増え、平均年収を押し上げる結果となった」(クリーデンス)


アパレル・ファッション業界で働く人の平均年収(出典:クリーデンス)

 次いで、高かったのは「VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)」(452万円)、「営業」(432万円)という結果に。逆に、最も低かったのは「販売」の315万円、次いで「パタンナー」(326万円)、「デザイナー」(366万円)と続いた。

 前年比で見ると、どのような違いが出たのだろうか。「OEM営業」「VMD」「生産管理」はそれぞれ+71万円、+49万円、+30万円と大きく増加。一方「MD・バイヤー」は、−42万円と大幅に減少した。「2021年のアパレル業界は、昨年以上に変革を加速させる1年になるだろう。そのため、『EC』だけでなく『IT』『DX』に携わる人材のニーズが引き続き高まると考えられる。また、それぞれの分野のプロフェッショナルを求める企業が増加するため、アパレル業界の年収は二極化する」(同社)と予想している。


アパレル業界で働く人の平均年収(年代別、出典:クリーデンス)

 本調査は、20年1月〜12月までに「クリーデンス」に登録した人の年収データより算出した。


オリジナルサイトはこちら