[ITmedia ビジネスオンライン] 新社会人が「がんばりたいこと」ランキング 3位は「収入・資産を増やす」、2位は「貯金」、1位は?

4月 2, 2021
Category: お知らせ


 新社会人に聞いた「新生活でがんばりたいこと」1位は仕事(70.5%)――こんな結果が、「LINEリサーチ」の調査で明らかになった。


どんなことを考えているのか(写真提供:ゲッティイメージズ)

 次いで「貯金」(40.6%)、「収入・資産を増やす(投資など含む)」(32.3%)、「趣味・自分の好きなこと」(32.2%)、「自分磨き(外見・内面)」(31.5%)という結果に。


新生活でがんばりたいこと(出所:LINEリサーチ公式Webサイト)

 新生活に向けて準備していることは、男女ともに1位が「断捨離(だんしゃり)・整理整頓」で、2位が「貯金」、3位が「勉強」だった。男性では「PC/タブレット/周辺機器を買う」が7位にランクイン。女性に比べ、高い結果となった。


新生活に向けて準備していること(出所:LINEリサーチ公式Webサイト)

 新生活で不安に思うことを聞くと、1位は「仕事についていけるか」(73.1%)で、2位は「上司や同僚とうまくやっていけるか」(61.4%)、3位は「朝、ちゃんと起きられるか」(48.4%)だった。全体的に、仕事や人間関係に関連することが上位にランクインした。


新生活で不安に思うこと(出所:LINEリサーチ公式Webサイト)

 就職先の業務体制については、1位が「全て【職場】で業務する」(45%)で、何らかの形で在宅勤務やテレワークが導入されている割合は約2割という結果に。新型コロナウイルスの影響で、テレワークが推奨されているが、新社会人の多くは職場に通うことが求められているようだ。


新生活の業務体制(出所:LINEリサーチ公式Webサイト)

 新社会人は会社に対して、どのようなサポートを求めているのか。回答者からは、「勤務地を都心以外でも可能に」(男性/奈良県)、「オンラインで良いので、職場の人との交流会」(女性/千葉県)、「業務におけるマンツーマンの指導」(男性/宮城県)、「雑談の機会が定期的に欲しい」(女性/東京都)、「支援金、お昼ご飯支給、1体1の充実した指導」(女性/東京都)といった声が寄せられた。

 今回の調査は、3月5〜8日にLINEユーザーを対象にWeb上で実施した。有効回答数は2285サンプルで、この中から3〜4月に就職する予定がある男女429サンプルを集計した。


オリジナルサイトはこちら