P2Pがリモートチームの生産性を上げるVoicePingに、ピクチャーインピクチャーと文字起こしのSlack連携を機能追加

3月 31, 2021
Category: お知らせ

■背景

働き方の多様化、コロナウイルスにより、従来のオフィスワークからリモートワークを主体とする会社・チームが増えております。「最適なバーチャルワークスペース」を目指すVoicePingは、より快適なリモート業務において欠かせない機能として、ピクチャインピクチャ、Slackへの文字起こし自動共有機能を追加しました。

■ピクチャーインピクチャー機能

画面共有機能がピクチャーインピクチャー対応により、さらに便利になりました。別アプリを開いた場合でも、画面共有が前面に来るので、快適なUXとなります。

ピクチャーインピクチャーを有効にするには、設定→画面共有でボタンをオンにします。

■SlackへのAI議事録共有機能

AI議事録がSlackチャネルへの自動同期対応しました。これにより、会議に参加していないユーザーもリアルタイムでSlackを通じて会話の流れを追えたり、後から遡って内容把握をすることが可能になりました。

利用するまでの流れを説明します。

この機能を有効にするためにはSlackとの連携をする必要がありますので、”Slackと連携する”ボタンをクリックしってください。

Slackと連携した後に、AI議事録の文字書き起こしテキストを送信するSlackチャネルを選択してください。

VoicePingチャンネルに参加して会話すると、Slack上で文字起こしテキストが確認できます。

*上級者向けアドバイス*
プライベートチャンネルの文字起こしを行いたい場合には、VoicePing アプリをそのチャンネルを追加する必要があります。次のように、ドロップダウンリストから確認できます。

■製品アップデート情報
https://www.notion.so/VoicePing-7136cb9a1dd34d4ab45add992f778d27
 

■VoicePing 製品紹介ページ
https://voice-ping.com/

■VoicePing サービス利用開始ページ
https://app.voice-ping.com/user/signup

■サービス概要
– 同時接続50人までの安定した音声会話機能、スクリーンシェア機能(PIP付き)
– Webカメラなしの音声会話のみなので、時間や場所を選ばず、気軽に利用可能
– 背景雑音が多い場合でも独自ノイズ除去機能によりクリアな音声で会話可能
– 今、会話可能かどうかを常駐デスクトップPCアプリによるステータスで可視化
– 話した内容がリアルタイムに文字起こしされるので、他のメンバーと手軽に情報共有。Slackへの文字起こしの同期。
– 日本語・英語・中国語を使ったグローバルチームのためのリアルタイム翻訳
– Google Calender、Slack等の他アプリへの連携
– 低スペックPCで、長時間起動しても、軽快に動くように、低CPU使用率で動作
– 接続が不安定な場合でも自動的に再接続。
– Win, Mac, Linuxでのマルチプラットフォーム対応
– 業務内容・時間をボタン一つで管理、勤怠管理ツールとして業務効率を可視化

■サービス利用料
1つのワークスペースで最大5人まで無料で利用可能なフリーミアムモデルになっております。
人数制限のない有料プランに関してはお問い合わせください。

■会社概要 
社名          :  P2P株式会社 
所在地       :  東京都渋谷区東3-6-8
代表者       :  中島 明紀 
資本金      :2億990万円(資本準備金含む)
事業内容    : Webサービス企画運営/受託開発 
出資企業    : 株式会社ロゼッタ
会社HP      : https://corp.p2p-inc.jp 

設立         :2019年7月11日

中国、インド、ベトナム、東京 を主な開発拠点として、音声映像配信ソリューションを利用したシステム開発支援 と リモートワークの生産性を高めるツールVoicePingの提供をしています。

■ 本件に関するお問い合わせ先
担当   : 中島
Email : p2p@p2p-inc.jp

オリジナルサイトはこちら