RCLCO Fund Advisorsが日本の年金積立金管理運用独立行政法人との複数年契約を発表

3月 22, 2021
Category: お知らせ

RCLCO Fund Advisorsが日本の年金積立金管理運用独立行政法人との複数年契約を発表

AsiaNet 88595 (0581)

【ベセスダ(米メリーランド州)2021年3月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*RFAは、GPIFによる北米の不動産市場への戦略的投資をサポートするために市場インテリジェンスおよびアナリティクスを提供する

不動産戦略・アナリティクス企業のRCLCO(www.rclco.com )の関連企業RCLCO Fund Advisors(RFA)は19日、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の北米不動産市場カバーを支援する調査能力でGPIFに採用された。複数年にわたる契約で、RFAは1兆5000億米ドルの資金を管理する世界最大の年金制度のGPIFにマーケットインテリジェンスとアナリティクスを提供する。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1433921/RCLCO_Fund_Advisors_Logo.jpg

RFAのTaylor Mammen最高経営責任者(CEO)は「RFAは、GPIFとの提携で選ばれたことを誇りに思う。われわれのクライアントには大規模でダイナミックな不動産投資ポートフォリオを擁する世界最大の機関投資ファンド数社が含まれており、このリストにGPIFが加わることをうれしく思う。北米の不動産セクターは投資にまたとないチャンスを提供すると確信しており、われわれは実用的なインテリジェンスとアナリティクスをGPIFに提供することを確約する」と語った。

RFAはRCLCOが不動産業界で54年間にわたり培ってきた専門知識とソートリーダーシップを活用し、機関投資家の不動産戦略およびポートフォリオを助言する。RFAは、ポートフォリオ管理および投資選択、不動産に関する深い知識をはじめ、研究、コンサルティング、投資管理、不動産運用、融資におけるチームエクスペリエンスへの綿密なアナリティクス手法を通じて、機関投資家にサービスを提供する。

▽年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)について
日本の公的年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人は、長期の給付金を最小のリスクで安全に管理するという使命の下に、受給者の積立金を管理している。現在、約1兆5000億米ドルを管理し、世界中のさまざまなポートフォリオで展開するGPIFは、ESG指数を投資に組み込むことによって、資本市場を持続可能にし、長期的な展望を持ち、ユニバーサルオーナーとして持続可能な給付を期待している。

▽RCLCO Fund Advisors(RFA)について
2011年に創設され、2014年からSEC登録の投資アドバイザーになったRFAは、同社のアナリティクスに関する厳密さ、高度にカスタマイズされたクライアント中心のサービス、連携への情熱的な探求を通じて不動産投資について機関投資家にアドバイスする。多様性があり経験豊富なRFAチームは、不動産投資への差別化されたアプローチを提供し、需要主導型投資、不動産運用、パートナー連携への注力を通じて、機関投資家が直面する課題に対処する。詳細はウェブサイトwww.rclco.com/rfa を参照。

ソース:RCLCO Fund Advisors

▽問い合わせ先
Diana Black,
dblack@rclco.com

オリジナルサイトはこちら